img

新年になると、ほとんどの人は、個人的に1年間の計画を立てる。その中には健康に関する重要な計画も必ず含まれる。もしそうなら、1年の開始の1月には、健康に関連するいくつかの事項を必ずチェックすべきではないだろうか? デンマークのコペンハーゲン大学の研究チームによると、 クリスマス連休が終わった後、自分の「 コレステロール 」の数値をチェックして、しっかりとしたコレステロールの管理を開始しなければならないらしい。その理由は、1年のうち1月の最初の週はコレステロールが特に高くなるからである。

 

1月のコレステロールは20%ほど高くなる

デンマークのコペンハーゲン大学の研究チームは、自国民25,764人を対象に6月と1月にそれぞれコレステロールを測定して、3年の間に、その変化を追跡観察した。

参加者の平均年齢は59歳であり、これらはすべて、コレステロール低下剤を服用していない健康な人であった。 実験参加者の平均コレステロール値は 205mg/dL、悪玉コレステロールLDLの平均値は116mg/dLであった。

さて、1月の最初の週に測定したコレステロールは、1年の平均をはるかに超えたものであり、このような現象は、3年の観察期間中に同じようになった。実験参加者の1月初めの平均コレステロール値は240mg/dL、悪玉コレステロールLDLの数値は、143mg/dLでが分かった。これは6月に測定したコレステロール197よりも約20%ほど高い数値であり、LDL数値も6月に測定した数値である108より25%程度高い数値である。

この論文(The christmas Holidays are immediately followed by a period of hypercholesterol)は動脈硬化(Atherosclerosis)ジャーナルとニューヨーク・タイムズなどを通じて報道され、多くの人々の関心を集めた。

 

年末に摂取した 飽和脂肪と運動不足が原因

一年の平均よりも1月初めのコレステロールがはるかに高い理由は何だろうか? この論文の著者であるアンランステッド博士は「 クリスマス連休にケーキや揚げ物のように、脂肪の多い食事を摂取して、運動をしていないことが、コレステロール値の上昇の原因 」 と分析した。

また、「 短期的にコレステロール値が高くなるのは致命的ではないが、このような状態が続くと、健康上のリスク要因となる可能性がある。したがって、可能な限り早い時間内にコレステロール値を正常に戻すために努力しなければならない 」と述べた。

コレステロール値を高める代表的な食品としては、トランス脂肪や飽和脂肪が多く含まれている肉がこれに該当する。飽和脂肪は、肝臓に作用して肝臓でのコレステロールの生産を多くすることで、血中コレステロールを高める役割をする。

したがって、年末年始期間中に摂取した飽和脂肪がコレステロール値に悪影響を及ぼしたのである。また、自転車や水泳、歩行運動などは、コレステロール値を下げる良い習慣だが、連休中の運動不足もコレステロールに悪影響を及ぼしたものと見られる。

 

総コレステロールと LDL を低く、HDL は高めにしよう

コレステロールの中でも、その数値を下げると健康に役立つものと数値が高い時に役立つものが別にある。 総コレステロールと悪玉コレステロールと呼ばれるLDL コレステロールは数値が低いほど、健康に有用である。

LDLは肝臓で生成されるか食品を介して吸収され、人体の各組織にコレステロールを運搬する役割をするが、必要以上に血液内を流れる余剰LDLコレステロールは血管内膜に浸透した後分解され、血管壁に蓄積される。回収されずに、血管にコレステロールが築盛されるとその血管は弾力性を失い、狭くなる。

これとは逆に、善玉コレステロールと呼ばれるHDLは、細胞膜や血管壁での使用が終わったコレステロールを肝臓に戻す役割を果たし、肝臓に回収されたコレステロールは胆汁中に排泄されたり、再利用される。

HDLコレステロールは、血管にたまったコレステロールを取り除き、コレステロールを体の外に排出する唯一の手段であるため、「血管掃除」というニックネームで呼ばれることもある。

 

キューバ産ポルリコサノールはコレステロールの管理に役立つ

ポルリコサノールはキューバ産サトウキビのワックスから抽出精製した天然由来の原料としては、オーストラリアと日本、韓国などで「コレステロール管理製品」として大きな愛を受けている。

また、100以上の国際SCI級論文に掲載され、その機能性は世界的に認められ、 韓国食薬庁から「血中コレステロール値の改善に役立つ」食物としてに1等級機能性食品の許可を受けた。

キューバ産ポルリコサノールを毎日10mgずつ12 週間摂取したとき、悪玉コレステロールを22%下げ、善玉コレステロールHDLは9.6%上昇し、 さらに重要な善玉コレステロールと悪玉コレステロールの比率を27.9%向上させることがヒト試験で確認された。

 

Photo by Bich Tran