LDLコレステロールとは

人体の構造を作るためなくてはならない成分があります。コレステロールは体の細胞の脂質膜を形成したり、ステロイドホルモンなどを合成するため、重要な成分の一つに挙げられます。コレステロールは食事から摂ったり、肝臓で合成されます。

コレステロールそれ自体は疎水性の脂質のため、水性に近い環境の血液中では、両親媒性の粒子の状態で全身に運ばれます。この粒子は、トリグリセリド(中性脂肪)がリン脂質と結合したアポタンパク質によって覆われた構造をしております。これをリポタンパク質といい、水溶性の状態で血液により全身に運ばれます。

LDL(Low Density Lipoprotein)は内部の中性脂肪が多く、コレステロールの密度が低いものを指します。上記のとおりLDLも体を作るためになくてはならないものです。

しかし、過剰のLDLコレステロールは、血管を詰まらせ、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞などを引き起こす原因となってしまいます。それゆえLDLは「悪玉コレステロール」と呼ばれています。

 

血液中のLDLが高くなる理由について

古い時代に比べて、近年急激にコレステロール値の高い食事が多くなるという、食べ物環境の大きな変化がありました。しかし体がそれに対応できるくらい即座に進化するわけではありません。つまり、肝臓でコレステロールを合成、分解できるレベルは変わらないため、余分なLDLコレステロールは血液中に蓄積することになります。

血液中のコレステロールが高いと、動脈の壁にコレステロールが付着し、プラークと呼ばれるものが形成され、動脈硬化が発症し、脳梗塞、心筋梗塞、脳出血などの病気が引き起こされる可能性が高くなります。つまり、LDL-Cは過剰量になると、これらの病気を引き起こす原因になりうるため、「悪玉」と呼ばれるわけです。

 

LDL-Cの基準値

基準値は40~110mg/dLですが、厳密には性別によって変わります※1。

 

・女性の基準値の場合は年齢により変動します。

30~44歳の場合   61~152 mg/dL

45~64歳の場合   73~183 mg/dL

65~80歳の場合   84~190 mg/dL

 

・男性の基準値は、72~178mg/dL

 

となっております。しかしこのLDL-Cが低ければ低いほど良いというものではなく、善玉コレステロールであるHDLコレステロール(HDL-C)とのバランスの中で、LDLの値が低いということが重要です。

 

診断基準値

LDLコレステロールの基準数値により血症が判るようになります。近年では、日本動脈硬化学会で脂質異常症の基準値が設けられ、日本人の基準値として臨床診断に使われています※2。

総合的な評価の側面として、善玉コレステロールとの比率、つまりLDL/HLDのバランスが重要ですが、ここでは、日本人の統計学的なデータに基づく基準数値として直接の診断に役立ちます。

 

  1. 高LDLコレステロール血症
    LDLの判断基準値  140㎎/dL以上
  2. 境界域高LDLコレステロール血症
    LDLの判断基準値  120~139㎎/dL以上
  3. 低HDLコレステロール血症
    HDLの判断基準値  40㎎/dL未満
  4. 高トリグリセリド血症
    中性脂肪(トリグリセリド)の判断基準値   150㎎/dL以上

 

 

出典:
※1 日本人間ドック学会
https://www.jstage.jst.go.jp/article/ningendock/31/4/31_603/_pdf
https://www.kenkou-club.or.jp/kenko_genki_sh47.jsp

※2
1) BML検査案内
http://uwb01.bml.co.jp/kensa/search/detail/3802165
2)    脈硬化性疾患予防ガイドライン2017年版と脂質関連の話
http://plaza.umin.ac.jp/~j-jabs/41/41.217.pdf