HDLコレステロール

脂質であるコレステロールは、水性の血液には溶けません。そこでコレステロールは両親媒性であるリポタンパク質に結合し、球状のミセル状粒子を作ることによって体の中を循環しています。

このリポタンパク質に結合したコレステロールの球状粒子には幾つかの種類がありますが、リポタンパク質が高い比重を占めていて、高密度の構造をしているものが、HDL(High Density Lipoprotein)コレステロール(HDL-C)です。このHDL-Cは、血液内の余分なコレステロールと結合し、肝臓に運び込み分解することに寄与していることから、「善玉コレステロール」と呼ばれています。

血液中のコレステロールが高いと、動脈の壁にコレステロールが付着し、プラークと呼ばれるものが形成され、動脈硬化が発症し、脳梗塞、心筋梗塞、脳出血などの病気が引き起こされる可能性が高くなります。つまり、HDL-Cは、これらの病気を予防する働きをしてくれることから、「善玉」たる所以となります。

 

HDL-Cの基準値

基準値は40~110mg/dLですが、厳密には性別によって変わります。

 

  • 女性の基準値の場合、40~96mg/dL
  • 男性の基準値は、40~86mg/dL

 

となっております。しかしこのHDL-Cが高ければ高いほど良いというものではなく、悪玉コレステロールであるLDLコレステロール(LDL-C)とのバランスの中で、HDLの値が高いということが重要です。