生理的寿命

平均寿命(Average lifespan)についてはよく混同されることがあります。一般的に浸透している「寿命」とは、「生理的寿命」のことです。亡くなった年齢を平均して算出します。
2019年現在、男性の平均生理的寿命は、81.41歳、女性は87.45歳です。医療と薬の多様化により、年々平均の生理的寿命は伸びてきています※1

 

人口統計学での平均寿命

1945以前の明治時代で44歳という平均寿命のデータがあります※2。これは、この年齢あたりで亡くなる平均というわけではありません。昔は出生後に亡くなる人が多かったため、その値が平均値を大幅に下げています。現在程一般的ではありませんでしたが、昔でも80歳を越える人は珍しくなかったとのことです。江戸時代を築いた徳川家康は75歳まで生きています※3
人口統計学での正確な平均寿命とは、現在○○歳の人があと何年生きるという統計学に基づいた評価のことです※4。つまり、平均してあと何年生きられるかという期待値です。

 

健康寿命

健康寿命(Healthy life expectancy)とは、「心身ともに自立し、健康的に生活できる期間」と定義されています※5。2000年にWHO(世界保健機関)が提唱して以来、現在は単に寿命というよりも健康寿命に関心が持たれています。いかにこの健康寿命を延ばすということが現代医学の大きなテーマでもあります。超高齢化社会である日本の経済を支えるためには、若い世代だけに依存してはとても達成できません。超高齢化モデルである日本に世界の関心が向けられています。

 

健康寿命を延ばすこと

力強く走っていた蒸気機関車も手入れをしないと錆ついて動かなくなります。しかし、メンテナンスを続けてさえいれば蒸気機関車は走りますし、実際にイベントで現在も走っています。人の体は機械と同じでメンテナンスが必要です。メンテナンスをしっかり行うことで健康寿命を延ばしていきましょう。

 

 

参考

※1 生命保険文化センター
https://www.jili.or.jp/lifeplan/lifesecurity/oldage/2.html

※2 厚生労働省データ
https://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kousei/10-2/kousei-data/PDF/22010102.pdf

※3
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E5%AE%B6%E5%BA%B7

※4 nippon.com
https://www.nippon.com/ja/japan-data/h00788/

※5 生命保険文化センター
https://www.jili.or.jp/lifeplan/lifesecurity/oldage/3.html