動脈硬化とは

動脈は、心臓から送り出される血液を全身に運ぶ血管です。正常な動脈は弾力性がありしなやかですが、加齢による老化や様々な危険因子によって、動脈の内腔にアテロームという物質が沈着し、ドロドロの粥状物質(プラーク)がついたり血栓が生じたりして血管が詰まりやすくなってきます。そして動脈の内腔が厚く硬くなり弾力性が失われてしまうのが動脈硬化と呼ばれる症状です。

 

動脈硬化が引き起こす主な病気

がん・心疾患・脳血管障害のうち、心疾患・脳血管障害には動脈硬化が大きく関与しています。脳梗塞、心筋梗塞、大動脈瘤、腎硬化症、閉そく性動脈硬化症などは、動脈硬化を原因として発症します。※1

 

動脈硬化のタイプについて

動脈硬化の種類には、

  1. 細動脈硬化※2
  2. 中膜化硬化(メンケベルグ型硬化)
  3. アテローム性動脈硬化(粥状動脈硬化)

 

の3種類に分類することができます※3。一般的に動脈硬化というとアテローム性動脈硬化のことをさします※4。アテローム動脈硬化では、大動脈などに粥腫(じゅくしゅ)ができるため、粥状動脈硬化とも呼ばれています。脳や腎臓の中の細い動脈が硬化する病態を細動脈硬化と呼びます。加齢や高血圧が原因で起こり、進行すると血管が破裂して脳出血に至る恐れがあります。その他、動脈の中膜にカルシウムがたまって硬くなる中膜硬化(メンケルベルグ型硬化)があります。

 

動脈硬化の原因

加齢に伴い増加傾向にありますが、高脂血症、高血圧症、糖尿病、喫煙、肥満などの危険因子が重なることによって発症しやすくなります。動脈の内膜に血液中のLDL悪玉コレステロールなどが沈着してプラークとなり、血管が狭くなり狭心症が起こります。プラークの固さには個人差があるのですが、柔らかいプラークは固いものに比べて血管壁から剥がれやすくなります。なんらかの拍子でプラーク剥がれてそこに血栓ができると、血管が詰まり心臓に負担がかかるため、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こす危険性があります。また、このプラークが血流に乗って脳まで流れ着いた場合に、脳血管にプラークが詰まり、脳に血流がいかなくなります。この場合、突然脳梗塞が起こるので、非常に危険です。

 

動脈硬化の治療法・改善

普段から肥満の改善など予防をしておく必要があります。血中LDLコレステロールを減らすために、食事やエクササイズなど普段の生活習慣を改善してみることが重要です。あるいはLDL値を下げ、HDL値を上げるのをサポートできるサプリメントは有効な手段です。

心筋梗塞や狭心症がある方、脳梗塞になられた方は、生活習慣の改善に加えて動脈硬化が進んだ状態のため積極的な薬を使った治療が必要になります。専門の医師に相談することをお勧めします。※5

 

 

※1動脈硬化の危険因子と動脈硬化による疾患
※2 非アテローム性動脈硬化  (MSDマニュアル)
※3  動脈硬化の病理  日腎会誌2016;58(2):97‒103.
※4 動脈硬化 (MSDマニュアル)
※5  NHK健康ch  動脈硬化は治る!予防・治療法、薬と食事による改善