体脂肪率(body fat percentage; BFP)とは体に占める脂肪量の比率のことです。

体脂肪率とは、皮下脂肪と内臓脂肪を含む体の脂肪量の比率を出すことで、肥満度の目安として用いられます。内臓脂肪値だけを算出するものでないため、メタボリックシンドロームの診断基準としては用いられません。しかし、肥満それ自体は内臓脂肪値との相関がありますので、減量モチベーションを高める目安として用いて下さい。

 

体脂肪率の算出方法

体脂肪率(%)=(体脂肪の重さ(kg)÷体重(kg))×100

 

体脂肪率を調べる方法

近年の体重計は、体重表示の他に、体脂肪率が表示される体重計も増えています。体脂肪率は水分補給量によって多少変動するので、食後2時間後に測定するのが目安になります。

体脂肪計の原理(電気伝導度法・生体インピーダンス法)は脂肪組織の電気抵抗が高いことを利用して、微弱電流を流すことによって体脂肪の量を推定するというものです。つまり、「脂肪は電気を通しにくく、筋肉や骨は電気を通しやすい」という特性を利用して体脂肪率を算出することができます。

一般に、健康的とされる体脂肪率の目安は、男性は10〜19%、女性は20〜29%でそれ以上になると、肥満レベルになります。

また、体脂肪率を推定する方法は、上記インピーダンス法以外にもあります。※

 

体脂肪率を調べる目的

肥満それ自体は、糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病は関係があります。メタボリックシンドロームとは、内臓肥満に高血圧、高血糖、脂質代謝異常が組み合わさることにより、心・血管疾患や脳卒中など罹患しやすい病態のこと。これらの病気に罹患しないために、普段から体脂肪率を調べることによって、健康管理の維持に役立ちます。

 

ダイエットのために

推奨される良い食事メニュー、自然な効果が期待できるサプリメント等を用いたダイエットにおいて、体脂肪率をモニタリングしてみて下さい。体重と体脂肪率を意識することで、生活習慣病を予防できる良いサイクルが期待できます。

 

 
参考
※ 体脂肪の測定方法と体脂肪計 長寿科学振興財団
https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/tairyoku-kiki/himando-taishibou.html