メタボリックシンドロームとは

内臓に脂肪が蓄積した状態では、血中に脂質がどんどん送られるようになり、中性脂肪や高い比率の悪玉コレステロール含量となり、動脈硬化を引き起こすリスクが高くなります。また、高血糖値、高血圧が重なることによって更に脳卒中や心疾患にかかりやすくなります。このような病態をメタボリックシンドロームと言われています。それではどのようにメタボリックシンドロームになるのでしょうか。

 

発症メカニズム

エネルギーとして消費されなかった余分な栄養素は脂肪に作り変えられ、肝臓や腸間壁に蓄えられます。栄養が不足すると、この内臓脂肪から、脂肪分が血中に放出され、細胞の構築などに使われます。内臓脂肪は、皮下脂肪に比べて合成と分解が速いため、内臓脂肪が増えるとすぐに血中に中性脂肪(TC; トリグリセリド)放出され血中脂質が増えます。これは生体に必要不可欠なメカニズムなのですが、過食や運動不足によって内臓脂肪が多く増えすぎると、血中脂質濃度も同様に高くなってしまい、病気を引き起こす原因となってしまいます。

この状態が高脂血症と呼ばれ、動脈硬化などのリスクを高めます。

 

分子レベルの中性脂肪の動き

内臓脂肪が分解して血管に放出された脂肪のことを、遊離脂肪酸と呼びます。遊離脂肪酸は肝臓において脂肪酸になり、中性脂肪が合成されます。同時に、食事で得られたグルコースは、肝臓でアセチルCoAとなり、コレステロールが合成されます※1, 2。これらが血液を通じて全身に運ばれます。では、どのような形で運ばれるのでしょうか。

肝臓に蓄積された脂肪は、血液中に分泌される際に、球状のカプセル(球状ミセル)に、VLDL(超低比重リポ蛋白質)と合わさった状態で詰め込まれています。VLDLには中性脂肪が積み込まれており、血液を通じて全身の組織に運びだされます。当然これがふえれば血液中の中性脂肪が高い状態になります。

組織に中性脂肪を運んだVLDLは各酵素によって、LDLとなります。LDLは組織にてLDL受容体を介し取り込まれ、コレステロールを供給します。を全身の組織に運び出し、LDLに変わります。

 

悪玉コレステロールLDL

VLDLは中性脂肪を全身の組織に運び出し、LDLになることはお話しました。メタボリックシンドロームの場合VLDLが多いため、当然LDLも多くなります。LDLには主にコレステロールが積み込まれていますから、血中のLDLコレステロールの値が高くなってしまいます。

LDLは全身の組織にコレステロールを配って少なくなると、HDL(高比重リポ蛋白)に合成されます。LDLが多すぎると、全身のコレステロールが過剰となり、HDLが合成できなくなります。古くなったLDLコレステロールは酸化型LDLとなり、血管内皮に沈着しやすくなり、動脈硬化を引き起こすようになります。

 

メタボリックシンドロームの対策は

メタボリックシンドロームは上記のような生活習慣病を引き起こす引き金となりえます。これらに罹患しないためには、メタボリックシンドロームを無理なく改善する必要があります。理想的な食事とダイエット持続可能なエクササイズが推奨されています。ぜひ読んでみてください。

 

※1
Cory EJ, Russey WE, Ortiz de Montellano PR (1966). “2,3-Oxidosqualene, an intermediate in the biological synthesis of sterols from squalene”. J. Am. Chem. Soc. 88 (2):4750–4751.

doi:10.1021/ja00972a056. PMID 5918046.

※2
Corey, E. J.; Russey, W. E. (1966). “Metabolic fate of 10,11-dihydrosqualene in sterol-producing rat liver homogenate”. J. Am. Chem. Soc. 88 (2):4751–4752.

doi:10.1021/ja00972a057. PMID 5918047.