img

コレステロール値が高いことは、大抵の人にとって深刻な健康上の問題です。しかし、「高コレステロール」を正確にご存知でしょうか?それを知った上で、どうすればコレステロールを低く保てられるか、お伝えします。

私たちは皆、コレステロールについてよく耳にします。コレステロールが高いことは、多くの人にとって深刻な問題です。それにもかかわらず、それがどのような事であるか、何が原因であるか、またはコレステロール値を低く保つために日常生活で何ができるか大抵の方は知らないのでないでしょうか。

高コレステロールが何であるかを理解するには、まずコレステロールの基本を把握することが一番です。 良いコレステロールと悪いコレステロールの違い、そして何が、皆さんが言っている「高いコレステロール」を引き起こしているのか。早速見てみましょう。

 

コレステロールとは?

人々がコレステロールを気にするときは、皆さん大抵ダイエットとか最小限の運動を考えます。それは決して多くの点で間違ってはいません。しかし多くの人が知らないことは、コレステロールは私たちの体内で自然に発生する物質であり、ホルモンの生産、私たちが食べる食品の分解と消化、細胞の構造の構築と維持など、多くの身体プロセスに関与します。

コレステロールは、血流によって体全体に運ばれる不溶性のワックス状物質です。肝臓は私たちが必要とするすべてのコレステロールを自然に生成しますが、食物を通して摂取したりします。まさに食べ物で摂取する際に「高コレステロール」の大きな原因が潜んでいます。しかし、それはコレステロールの少ない食品を食べるという問題よりも少し複雑です。善玉コレステロールと悪玉コレステロールを聞いたことがあるでしょうか?実は、ここがとても面白いところなんです。

 

善玉コレステロールと悪玉コレステロール

構造レベルでは、コレステロールは脂肪とタンパク質のパッケージであり、総称してリポタンパク質として知られています。リポタンパク質には2つの主要なタイプがあります。高密度と低密度であり、それぞれ一般に善玉コレステロールと悪玉コレステロールとして知られています。リポタンパク質の密度は、脂肪(脂質)とタンパク質に含まれる量によって決まります。

低密度リポタンパク質(LDL) –悪玉コレステロール:LDLは、脂肪とタンパク質の比率が高いため、密度が低くなります。LDLは悪玉コレステロールと呼ばれていますが、実は私たちの体は肝臓からそれを必要とする体の部分にコレステロールを輸送するという重要な機能を持っております。ただし、血流中のLDLが過剰になると、動脈にプラークと呼ばれるコレステロールが蓄積する可能性が高まります。

高密度リポタンパク質(HDL) –善玉コレステロール:HDLはLDLよりも小さく、密度が高く、脂肪とタンパク質の比率が比較的低く、主にコレステロールが占めております。HDLは過剰なコレステロールを収集し、肝臓に輸送して分解および除去することに寄与します。それは血流における保護メカニズムと考えることができます。

つまり、高コレステロールを理解するには、HDLとLDLの違いを知ることが非常に重要です。詳しくはこちらをご覧ください。

 

トリグリセリド(中性脂肪)

トリグリセリド(中性脂肪)は体内で最も一般的なタイプの脂肪であり、高コレステロールにも寄与します。それらはまた、体内で自然に生成され、コレステロールのように、私たちが食べる食物にも含まれています。

トリグリセリドはリポタンパク質の脂肪含有量を構成するものであり、したがって、体内のトリグリセリドが高いと、血管内プラークの蓄積に寄与し、心血管疾患のリスクを高める可能性があります。

 

高コレステロールとは何ですか?

それでは、これらすべての異なる成分を考慮に入れて、高コレステロールとは正確にはどのようなものでしょうか?それは血中の総コレステロールと関係があります。

コレステロール検査を行うことで、あなたの血液中の善玉コレステロール値と悪玉コレステロール値を読み取り、評価することができます。総血中コレステロールは、HDL、LDL、および20%の総トリグリセリドで構成されています。オーストラリアの保健当局からのBetter Health Channelによると、推奨される血液中の総コレステロール値は、212.68mg /dL以下でなければなりません。これ以上は高いと見なすことができます。

コレステロールに関する2013年の健康調査では、オーストラリア統計局が各成分の異常レベルを次のように定義しています。

  • HDL –一般的に言えば、この数値が高いほど良いです。男性で38.67mg/dL未満、女性で50.27mg/dL未満は異常と見なされます。
  • LDL –一般的に言えば、この数値が低いほど良いです。135.34mg/dL以上のLDLコレステロールは異常と見なされます。
  • トリグリセリド –トリグリセリドの数値は177.15mg/dL2.0未満である必要があります。

 

高コレステロールの原因は何ですか?

上記は正常レベルの数値を示しておりますが、では、コレステロール値が高くなる原因は何でしょうか?主な理由は2つあります。

遺伝要素

まず、高コレステロールになる体質は遺伝します。これは、家族性高コレステロール血症として知られており、遺伝子の変異によって引き起こされます。多くの場合、遺伝により受け継がれている血中の高コレステロールは非症候群性です。つまり、その遺伝要因を持っていることに自分自身が気づかない可能性があります。特に健康的なライフスタイルをリードする人は、高コレステロールのリスクがあるとは思わないかもしれません。家族で血中コレステロールが高い、または心臓病の病歴がある場合は、しっかりした食事をとり十分な運動をしていても、医師から血液検査を受けることをお勧めします。家族性高コレステロール血症になると、コレステロールを下げるのに役立つ薬などの対策が必要になる場合があります。

生活スタイル

2つ目の理由はライフスタイルについてであり、こちらは全員に共通する項目です。高コレステロールに一番影響しうるのは食事のスタイルです。体は自然に必要なすべてのコレステロールを生成するので、私たちの血中にある過剰なコレステロールは私たちが食べる食物から来ています。特に、飽和脂肪酸とトランス脂肪酸※が多い食べ物が原因と言えます。

卵、肝臓、腎臓などの一部の食品には、食事性コレステロールと呼ばれるものが含まれています。これらの食品の消費は過剰であってはなりませんが、血中コレステロールに大きな影響を与えることはなく、あまり心配する必要もありません。

しかし、LDLとHDLのレベルに影響を与える食品には注意する必要があります。飽和脂肪の摂取量は、食事中の何よりもLDLコレステロール値に影響を与えるため、できるだけ制限する必要があります。これらには、脂肪の含まれる肉、フルクリームの乳製品、加工肉、揚げ物、加工ケーキ、ビスケット、ペストリーが含まれます。

トランス脂肪酸(単にトランス脂肪と呼ばれます)は、LDLとHDLの両方のレベルに影響を与えるため、できるだけ制限する必要があります。トランス脂肪は、植物油に水素を加えると作られ、揚げ物や加工食品に含まれています。一部の食品には飽和脂肪とトランス脂肪の両方が含まれており、これらは食事から完全に取り除く必要があります。

運動は高コレステロールのもう一つの対策です。運動中に、体内のトリグリセリド(中性脂肪;リポタンパク質の脂肪分)がエネルギーとして消費されます。トリグリセリドの値が低いほど良いです。したがって、これらトリグリセリドレベルを管理するために定期的に運動することが重要です。積極的に身体を動かすこともHDLコレステロール値を上げるのに役立ちます。HDLが過剰なコレステロールを集めて肝臓に運ぶことによって、分解されて除去されることを思い出してください。

高コレステロールにつながる可能性のある他の要因には、喫煙、過度の飲酒などが挙げられます。

 

どうすれば高コレステロールを管理できますか

では、どのようにして高コレステロールを管理できるのでしょうか?

 観察:コレステロールを定期的にチェックすることは、コレステロールを管理する上で非常に重要です。これは、高血圧などの他の心血管疾患の危険因子が存在する場合に特に重要です。
食事療法:飽和脂肪酸とトランス脂肪の消費を最小限に抑えることは非常に重要です。これは、上記のような特定の食品を食事から除外し、脂肪の少ない肉を選択し、野菜、果物、豆類などの植物ベースの食品を食べることを意味します。

 運動:食事後、運動はコレステロールを下げるための最も重要な要素です。これは激しいものである必要はありません。活発なウォーキング、ジョギング、テニスなどの適度な運動と栄養価の高い食事を組み合わせると、コレステロール値を低く抑えることができます。

 その他のライフスタイルの要因:禁煙、アルコール消費を制限すること、上記に示すような一般的に健康的なライフスタイルを実践することは、高コレステロールのリスクを最小限に抑えるために非常に重要です。

 補助サプリメント:高コレステロールの場合、健康的な食事と運動と組み合わせて補助サプリメントを服用することを選択できます。それらは、HDLの増加とLDLの低下を助け、LDL-Cの酸化を減らすことができます。

レイデルポリコサノール(ポリコサノール10)は、コレステロールの管理に使用される補助的なサプリメントです。オーストラリアでは、高コレステロールの医療用治療用の薬として認定されております。ポリコサノール10は、  LDL(悪玉)コレステロール  (LDL-C)を減らし、正常コレステロール範囲内のHDL(善玉)コレステロール(HDL-C)を増加させる働きがあります。つまり服用することにより、正常範囲内において、LDL-C / HDL-C比を減少させ、 LDL-Cの酸化を防止します。

 

※参照

農林水産省:すぐわかるトランス脂肪酸

https://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/trans_fat/t_wakaru/#2