img

コレステロール値が高いと深刻な健康上の問題につながりやすいです。しかし、「高コレステロール」を正確に理解している人は少ないと思います。ここではどうすればコレステロール値を管理できるかを一緒に見ていきたいと思います。

コレステロールについてよく耳にするようになりました。コレステロール値が高いと健康上のリスクが高くなりますが、それが何で悪いのか、原因と対処方法を大半の人は知らないのが現状です。

高コレステロールが何にかを理解するためには、まずコレステロールの基本を把握することが大事です。そして、善玉コレステロールと悪玉コレステロールの違いと何が「高いコレステロール」を引き起こしているのかを把握することが大切です。

 

コレステロールとは?

コレステロールを気にし始めると、普通に運動などを考えると思います。それは決して間違いではないと思います。しかし、コレステロールは私たちの体内で自然に発生する物質であり、ホルモンの生産や飲食の分解と消化、細胞の構造の構築と維持など体の仕組みに大きく関与しています。

コレステロールは、簡単に言うと血流によって体全体に運ばれる不溶性のワックス状の物質です。体内で必要なコレステロールを自然に生成している場所が肝臓になります。食べ物の摂取によるコレステロールももちろんあります。実は食べ物から摂取したコレステロールが「高コレステロール」に大きく起因しているのです。それについて詳しく見ていきましょう。

 

善玉コレステロールと悪玉コレステロール

コレステロールは脂肪とタンパク質に構成されていて、総称してリポタンパク質として呼ばれます。リポタンパク質には2種類があり、高密度と低密度に分けられます。一般的に高密度が善玉コレステロール、低密度が悪玉コレステロールと呼ばれます。

低密度リポタンパク質(LDL) の悪玉コレステロールは脂肪とタンパク質の比率が高いため密度が低くなります。肝臓から体内にコレステロールを運ぶ重要な役割を悪玉コレステロールが持っております。ただし、血中の悪玉コレステロールが過剰になると動脈にプラークと呼ばれるコレステロールが蓄積される可能性が高くなります。

高密度リポタンパク質(HDL)の善玉コレステロールは悪玉コレステロールよりも小さいですが密度は高いです。脂肪とタンパク質の比率は比較的に低い性質を持っています。善玉コレステロールは過剰な体内のコレステロールを収集し、肝臓に運ぶ(肝臓で分解、除去される)役割を持っています。いわば血流の保護メカニズムです。

高コレステロールを理解するためには、上記で説明しましたHDL(善玉コレステロール)とLDL(悪玉コレステロール)の違いを理解することからスタートします。

 

トリグリセリド(中性脂肪)

トリグリセリド(中性脂肪)は体内で最も一般的な脂肪であり、高コレステロールにも関与します。中性脂肪も体内で自然に生成されますし、コレステロールのように食べ物からも体内に入ってきます。

中性脂肪はリポタンパク質の脂肪含有量を構成するものであり、中性脂肪値が高いと、血管内プラークの蓄積に繋がり、心血管疾患のリスクを高める可能性が出てきます。

 

ここからが本題! 高コレステロールとは何ですか?

高コレステロールとはどのようなものでしょうか?実は血中の総コレステロール値と深い関係があります。

コレステロール検査を行うことで血中の善玉コレステロール値と悪玉コレステロール値が確認でき、健康的に許容範囲かどうか判断できるようになります。総血中コレステロール値は、HDL(善玉コレステロール)とLDL(悪玉コレステロール)、および20%の総中性脂肪で構成されています。オーストラリアの保健当局のBetter Health Channelによると、推奨される血中の総コレステロール値は、212.68mg /dL以下でなければなりません。これ以上は高いと判断されます。

オーストラリア統計局のコレステロール関連の2013年の健康調査によりますと各成分の異常レベルを次のように定義しました。

  • HDL(善玉コレステロール)この数値は高ければ高いほど良いです。男性で38.67mg/dL未満、女性で50.27mg/dL未満は異常と見なされます。
  • LDL (悪玉コレステロール)この数値は低ければ低いほど良いです。135.34mg/dL以上のLDLコレステロールは異常と見なされます。
  • トリグリセリド(中性脂肪)この数値は177.15mg/dL2.0未満である必要があります。

 

高コレステロールの原因は何ですか?

上記で許容範囲の正常数値を確認しましたか。ここからはコレステロール値が高くなる原因について考えます。

遺伝要素

高コレステロールの体質は遺伝します。これは家族性高コレステロール血症として知られており、遺伝子の変異によって引き起こされます。人によっては遺伝要素に気づいていない可能性があります。特に適量な運動や、食事調節などを実践している健康的人は、高コレステロールのリスクがあると思わないかもしれませんが、家族の中で血中コレステロール値が高い、心臓病の病歴などがある場合は、定期的に医療機関で血液検査を受けることをお勧めします。家族性高コレステロール血症になるとコレステロールを下げる薬の処方が必要な場合があります。

ライフスタイル

遺伝でもなければ、高コレステロールに大きく影響を及ぼすのは食事になります。体は必要なコレステロールを肝臓で生成するので、血中の過剰なコレステロールは実は食べ物からきています。飽和脂肪酸とトランス脂肪酸※が多く含む食べ物が主な原因と言えます。

卵、肝臓、腎臓などの食材には、食事性コレステロールと呼ばれるものが含まれています。これらの食材の過剰摂取はよくないですが、実は血中コレステロールに大きな影響を与えることはあまりなく、そこまで心配する必要もありません。

しかし、LDL(悪玉コレステロール)とHDL(善玉コレステロール)数値に影響を与える食品は注意が必要です。

飽和脂肪の摂取は、何よりも悪玉コレステロール値に影響を与えるため、必要に応じて制限した方が良いとされます。脂肪が多い肉、クリーム系の乳製品、加工肉、揚げ物、ケーキ、ビスケットに多く含まれます。

トランス脂肪酸(単にトランス脂肪と呼ばれます)は、悪玉コレステロールと善玉コレステロール両方の数値に影響を与えます。トランス脂肪は揚げ物や加工食品に多く含まれています。食品によっては飽和脂肪とトランス脂肪の両方が含まれているのもあるので、食材を選ぶときに注意が必要です。

高コレステロールのもう一つの対策として運動があります。運動により体内のトリグリセリド(中性脂肪;リポタンパク質の脂肪分)がエネルギーとして消費されます。トリグリセリド値も低いほど良いとされます。従って中性脂肪値を管理するために定期的な運動は効果的です。積極的に体を動かすことは善玉コレステロール値も上がります。

高コレステロールにつながる残りの要因として喫煙、飲酒などがあります。

 

高コレステロールを管理するためにはどうすればいいのか?

では、高コレステロールをどのように管理すればよろしいでしょうか。

 観察:定期的なコレステロール検診は大切です。特に高血圧などの他の心血管疾患を持っている場合はなおさら大事になってきます。
 食事療法:飽和脂肪酸とトランス脂肪の消費を最小限に抑えることです。特定の食品を排除し、脂肪が少ない肉、野菜、果物、豆類などの野菜ベースの食材を選ぶことを意味します。

 運動:コレステロールを下げるための運動は重要な意味を持っています。前述での運動は激しい運動を意味しているわけではありません。ウォーキング、ジョギング、テニスなどの適度な運動と栄養バランスがとれた食事を組み合わせることで、コレステロール値の管理ができます。

 その他の要因:禁煙、お酒を飲まないなど、上記の健康的なライフスタイルを実践することで高コレステロールのリスクを最小限に抑えられます。

 補助サプリメント:健康的な食事と運動と組み合わせてコレステロール関連の補助サプリメントを服用するのもよいでしょう。

※参照

農林水産省:すぐわかるトランス脂肪酸

https://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/trans_fat/t_wakaru/#2