img

特に座りがちな仕事をしている場合、日中体を動かす時間をとるのは難しい場合があります。そこで、デスクで簡単にできるお勧めの5つのエクササイズを紹介します。

 

首と肩のストレッチ

椅子から立ち上がって、後ろに腕を伸ばし、指を連結させながら腕を持ち上げてください。これを繰り返します。この動作をすることで背筋を伸ばし、上半身の血流が良くなります。

 

肩甲骨はがし

肩こりは日本人の国民病と言われて久しく、普段からのメンテナンスを心がける必要があります。まず、両手を肩に置いて両ひじを開いて下さい。両肘を横から肩の少し上まで引き上げ、手は鎖骨のあたりにくるようにします。ひじの高さを保ったまま、5秒間かけて左右の肩甲骨をギュッと寄せるイメージでゆっくり後ろ(背中側)へ引きます。これを繰り返して下さい。※1, 2

脚のストレッチ

椅子に座った状態で、手を太ももの上に置き、脚を伸ばします。つま先に向かって手を伸ばします。開始位置に戻って繰り返します。肩、腰のストレッチにもなり、腹筋にも効果があります。

 

椅子のスクワット

椅子の前15 cmに立ち、お尻がシートに触れるまで腰を落とします(まるで座っているかのように)。これを繰り返します。これは足と腰の筋肉に効果があり、停滞しがちな足の血流を良くします。

 

手首のストレッチ

椅子から立ちあがり、腕立て伏せのような体勢で机の上に手を置きます。軽く圧力をかけ、そして緩めます。この動作を繰り返します。この動作は肩の筋肉と腹筋にも効果があります。

 

以上、たったこれだけ行うだけで体が楽になります。忙しい人のための5つの手軽な健康のヒントについては、こちらをお読みください。

 
参考
※1 肩こりの特効薬は肩甲骨ストレッチだった! サワイ健康推進課
https://kenko.sawai.co.jp/body-care/202002.html

※2 簡単! 肩こり解消ストレッチ・肩甲骨はがしのやり方 ハルメクweb
https://halmek.co.jp/beauty/c/healthr/2678