img

推奨コレステロール値がどのくらいかご存知ですか?ここでは、脂質テストの構成要素と、大人と子供に推奨されるレベルを見ていきます

年齢を重ねるにつれて、コレステロール値を定期的にチェックし、心血管疾患を発症するリスクを評価することが重要です。これには、血中のコレステロール関連成分を検査するための脂質(またはリポタンパク質)の評価メニューがあります。

 

コレステロール値の成分は何ですか?

脂質を評価するメニュー

  • 高密度リポタンパク質 – HDLは「善玉」コレステロールとして知られています。血中の過剰なコレステロールを集めて肝臓に運ばれ、分解されて取り除かれます。この数値が高いほど良いです。
  • 低密度リポタンパク質 – LDLは「悪玉」コレステロールと呼ばれます。私たちの体は肝臓からそれを必要とする体の部分にコレステロールを輸送するための重要な機能を持っておりますが、血流中の過剰なLDLは動脈のプラークの蓄積につながる可能性があります。つまり、心臓血管疾患を発症する大きな原因の一つにこの過剰なLDL数値が挙げられます。低LDLレベルは、健康のために目指すべきです。
  • トリグリセリド(中性脂肪) –トリグリセリド(中性脂肪)はリポタンパク質の脂肪含有量を構成するものであり、体内のトリグリセリドレベルが高いと、プラークが蓄積し、心血管疾患のリスクが高まります。やはり健康のためにトリグリセリドのレベルも低くする必要があります。
  • 総コレステロール –総コレステロール値はあなたの血中にある総コレステロール量です。これは、LDL、HDL、および20%のトリグリセリドで構成されます。

 

推奨コレステロール値は

世界中の心臓財団は、すべての成人が20歳から4〜6年ごとにコレステロール値を読み取ることを推奨しています※。これは、コレステロール値が上昇し始める時期を示しております。

年齢が上がるとコレステロール値が上昇する傾向があるため、年を取るにつれて、特に高血圧、高コレステロール血症、肥満などの心血管疾患の危険因子がある場合は、より頻繁に検査を受けることをお勧めします。

高コレステロールは男性に多く見られます。ただし、閉経後の女性では高コレステロールになるリスクが高くなる傾向があります。成人の推奨コレステロール値を見てみましょう。

コレステロールに関する2013年の健康調査で、オーストラリア統計局は成人の高コレステロールを次のように定義しています。

  • 総コレステロール – 212.68mg /dL以下。
  • HDL –一般的に言えば、この数値が大きいほど良いです。男性で38.67 mg/dL未満、女性で50.27 mg /dL未満は異常と見なされます。
  • LDL –一般的に言えば、この数値が低いほど良いです。135.34 mg /dL以上のLDLコレステロールは異常と見なされます。
  • VLDL – 65.74 mg /dLを超えるレベルは異常と見なされます。
  • トリグリセリド –トリグリセリドレベルは177.15 mg /dL以下である必要があります。

 

子供と青年に推奨されるコレステロール値

子供および青年は、高コレステロール血症になるリスクが成人よりも低くなっています。特に肉体的にアクティブで、太りすぎず、健康的でバランスの取れた食事を摂り、高コレステロールの家族歴がない子供たちは高コレステロール血症になるリスクが低いのは言うまでもありません。

しかし、高コレステロールの家族歴がある子供は、より定期的にチェックする必要があります。一部のガイドラインでは、子供が9歳から12歳の間に1回、17歳から21歳の間に更にもう一度コレステロールチェックを受けることを推奨しています。アメリカのNIH(アメリカ国立衛生研究所)によると、以下は子供と青年に推奨されるコレステロール値です。

  • 総コレステロール – 201mg/dL以上が高いと見なされます。170.15 mg/dL以下が良好と見なされます。
  • HDL –高いほど良い。38.67mg/dL未満は低いと見なされ、46.4mg/dLを超えると良好と見なされます。
  • LDL –繰り返しになりますが、この数値が低いほど優れています。139.21 mg/dLを超えるレベルは高いと見なされます。108.28 mg/dL未満のレベルは良好と見なされます。
  • トリグリセリド –トリグリセリドレベルは、9歳未満の子供では97.43mg/dL未満、10歳から19歳までの子供では124mg/dL未満である必要があります。

 

心臓血管疾患のリスクを減らすために年を取るにつれて、コレステロール値を理想の状態に保つことは非常に重要です。コレステロール値が低すぎないことを確認することも重要です。このガイドがあなたのコレステロール値の低下に役立つことを願っています!

 

※日本心臓財団 動脈硬化性疾患予防ガイドライン・エッセンス
https://www.jhf.or.jp/pro/a&s_info/guideline/post_2.html