img

中年女性のコレステロール値の秘密は、女性ホルモンの「エストロゲン」

米国心臓学会(AHA:American Heart Association)がコレステロールガイドランを新たに発表しました。

ガイドラインの重要ポイントは早い年齢からコレステロールの管理を積極的に開始する必要があるということです。 65歳前の心臓病の発症、高コレステロール血症などの家族歴がある場合は、なんと2歳からコレステロール数値を管理するべきと提案しています。

そして、ガイドラインで目立ったのは中年女性のコレステロール管理の重要性を強調している点でした。その理由には、女性の場合は閉経とともにコレステロールが急激に上昇して心血管疾患の危険性が急増するからでした。

米国ピッツバーグ大学のカレン・マシューズ(Karen Mattews)博士が中年女性2,000人を対象に10年間の追跡調査した結果、閉経1年前からコレステロール値が高くなることが分かりました。特に、血管壁に浸透して損傷を引き起こす悪玉コレステロールであるLDLの数値は閉経前後2年の間9%増加し、総コレステロールは6.5%増加しました。

閉経前後コレステロール値が高くなる原因は、「エストロゲン」という女性ホルモンでした。血管系の女性ホルモンであるエストロゲンの役割は広いです。エストロゲンは血管内皮細胞から一酸化窒素の生成を増加させ、血管弛緩を促進します。そして、悪玉コレステロールLDLの受容体を活性化させ、血中LDLコレステロールを除去し、肝臓でアポリタンパク質A-1の生成を増加させHDLコレステロール合成を増加させます。

従って、閉経前後エストロゲン数値が急減すると、血管硬直が増加し悪玉コレステロール数値は上がり、善玉コレステロール数値は下り、ある意味血管の健康に赤信号が点灯します。

 

中年女性に必要な3つの食習慣

更年期コレステロール管理のために3つの食習慣を守ることが重要です。

まず、1つ目は一日1回以上、豆で作った食品を摂取することです。豆は植物性エストロゲンのイソフラボンが豊富です。体内で女性ホルモンのエストロゲンと同様に作用して更年期の症状を緩和させます。

2つ目は牛乳を毎日2回以上飲むこと。エストロゲンが減少すれば、骨を破壊する破骨細胞が活発になり、骨密度が減少し骨粗しょう症のリスクが大きくなります。骨の損失を防ぐためには1日2回以上の牛乳を摂取することが大事です。

最後に、血中の脂質を改善するためには、オメガ3脂肪酸が豊富なクルミ、アーモンド、青魚などをコンスタントに食べることです。