img

コレステロールと聞くと体に悪いというイメージが強く、数値的にも低くしないといけないと思っている人が多いと思います。しかし、コレステロールは生命維持に必ず必要な成分でもあります。ということは、コレステロールは本当に悪いものなのでしょうか?或いはコレステロールに関する誤った情報による誤解と偏見なのでしょうか?考えてみる必要があると思います。世界的に死亡原因の大半を示す心血管疾患の予防のためにも必要なコレステロール管理。ここではコレステロールの体内での役割とコレステロールの管理のための正しい情報を把握していきます。

 

コレステロールは下げればよいのか?

生命維持に必要な成分

コレステロールは細胞の生存に必要な物質で、体内でも複雑な反応を得て合成される物質であります。人は生まれてから死ぬまでコレステロールを肝臓で合成させます。体内で必要とされる場所が多いためであります。コレステロールは細胞膜の構成成分で、ホルモン合成に関わり、ビタミンDを合成し胆汁酸になり、消化の吸収を助けます。逆に、低すぎると栄養失調などで死亡率も増加しますし、うつ病、暴力、自殺などとも関連があると知られています。これは健康のためにコレステロール数値はむやみに低くするという内容が間違った常識であることを意味しています。

 

良いコレステロールと悪いコレステロールは別々に存在する?

LDLとHDLはコレステロールを運ぶ

LDLは悪玉コレステロール、HDLは善玉コレステロール。多くの人はコレステロールをこういう風に区分すると思います。

しかし、LDLとHDLは体内でコレステロールを運ぶ役割を持っています。

コレステロールの約80%は肝臓で合成され、残りの20%は食べ物を通じて腸で吸収されます。このように作られたコレステロールは体内の血管を通じて全身の細胞に運ばれますが、この時血液の中で溶けずにコレステロールを運べる特別な物質が必要になります。

実はコレステロールは脂たんぱく質により運ばれますが、密度により低密度脂たんぱく質(Low-density lipoprotein, LDL 悪玉コレステロール)と高密度脂たんぱく質(high-density lipoprotein, HDL 善玉コレステロール)に分けられます。

LDLの主な役割は摂取または合成されたコレステロールを細胞に運びますが、大きいLDLはコレステロールをたくさん運べる反面、細胞の内膜に入り酸化し血管を狭くします。一方、HDLは余ったコレステロールと血管内膜のコレステロールを集めて肝臓に戻して、体外に排出させる役割をしますので、血管の掃除屋と呼ばれることもあります。実は良いコレステロールと悪いコレステロールがあるわけではなく、コレステロールがLDLかHDLのどちらに運ばれるかにより運命が変わるということになります。