img

心を健康に保つことは、あなたの全ての健康にとってとても重要です!ここでは、ストレスを和らげ、心が安らぐ5つの方法を紹介します。

ストレスはあなたの健康に悪い影響を与える可能性がありますが、私たちの体は毎日、自然な緊張状態を引き起こすさまざまな状況にさらされています。慢性的なストレスは、睡眠の問題から心臓病まで、さまざまな疾患に関連しています。慢性的なストレス由来の心臓疾患は特に蔓延しています。

あなたがストレスの多い状況にいるとき-それが金融トラブルや朝の交通量であろうと-あなたの免疫システムは、ストレスホルモンのコルチゾールとアドレナリン、そしてサイトカインと呼ばれる炎症性タンパク質で満たされます。

コルチゾールとアドレナリンの絶え間ない流入は、間違いなく精神的および肉体的な健康に影響を与えますが、動脈硬化や心臓疾患につながると考えられているのは、サイトカイン放出に関連する「慢性炎症」です。

ストレスを管理し、緩和する方法を学ぶことは難しいところもありますが、少し時間を取って、あなたのライフスタイルが健康に及ぼす影響を検討すれば、それは可能なことです。ここでは、ストレスを和らげ、心に安らぎを与える5つの方法をご紹介します。

 

運動する時間を見つける

食事と同様に、運動することは、私たちの身体の健康に貢献する最も重要な要素の一つです。毎日運動するために時間を確保ことは、1つ以上の方法でストレスレベルにとても優れた影響を与えることができます。研究によると、それは覚醒、認知機能、睡眠、集中力を改善し、全体的に疲労を軽減するのに非常に効果的です。運動をすると、私たちの体の自然な鎮痛剤であるエンドルフィンも生成されます。

健康を促進するために、大人は少なくとも週に5回、中等度の有酸素運動を少なくとも30分間行うことをお勧めします。これはストレスを解消するだけでなく、コレステロールや血圧を下げ、心臓の筋肉を強化するのにも役立ちます。これらはすべて、心臓の総合的な健康に優れています。

もちろん、忙しい生活を送っている方なら、1日30分の運動をするのは難しいでしょう。自転車に乗って仕事に行ったり、午前中に泳いだり、昼食時にボクシングをしたりして、毎日の運動をあなたの活動に取り入れてみてください。

 

ストレスの原因を突き止め、それを根絶する

誰もが自分のストレスの原因である独自のトリガーを持っています。少し時間を取ってこれらが何であるかを特定し、それらを管理する方法を考案することが重要です。

あなたの仕事生活、家庭生活、社会生活、およびあなたの人間関係を見て、あなたのストレスの根源が何であるかを分析し、それを管理または取り除くように取り組みます。ストレスは常に私たちの生活の中に存在しますが、それに対処することを学ぶ人は、そうしない人よりもはるかに良い暮らしになります。

 

 

十分な睡眠をとる

健康的なライフスタイルの最も重要な要素の1つは、十分な睡眠をとることです。バランスの取れた食事や十分な運動と同じくらい重要です。睡眠は、認知力や集中力を高めることから、生産性やパフォーマンスを発揮することに至るまで、脳機能の多くの側面に不可欠であり、睡眠不足は慢性ストレスを含むさまざまなメンタルヘルスの問題と密接に関連しています。大人は毎晩7〜9時間睡眠をとる必要がありますが、必要な睡眠時間は、年齢から健康状態、ライフスタイルまでさまざまです。ストレスを感じている場合は、少なくとも7時間、または必要と感じている場合はそれ以上の睡眠時間を確保してください。

 

休息とくつろぎの時間を管理する

睡眠は人生の基本的な必需品です。しかし、ストレスとなると、体の電源をOFFにしてリラックスして「自分の時間」を確保する必要もあります。あなたがストレスを感じるかもしれない数多の理由がありますが、これらのどれもが好きなことをする時間を作るほど重要ではありません。

これは、友人や家族と一緒に行うことでも、一人で行うことでもかまいません。重要なのは、ストレスを感じる原因から自分自身を取り除くことです。

これを少なくとも15分間毎日行うことを優先します。スマートフォン、コンピュータ、またはテレビの電源を切り、心を落ち着かせるものに没頭します(ヒントは、ストレスを取り除くための運動をしてみてください–この方法は一石二鳥の効果があります)。

 

呼吸法と瞑想を検討する

呼吸法や瞑想は、さまざまな方法でストレスを和らげるのに役立ちます。夜にこの方法でストレスを抜いてリラックスしたり、翌朝の準備をしたりするのに最適です。瞑想と深呼吸の両方のエクササイズは、高血圧などの心臓病の危険因子を減らすことが示されています。ここでいくつかのシンプルかつ効果的な呼吸法を見てみましょう。

ヨガや太極拳は素晴らしい瞑想活動です。イギリス研究者ブリック博士により、瞑想、ヨガ、呼吸法、気功、太極拳の生物学的効果に関する12以上の研究データを分析したところ、炎症反応を促進する遺伝子の発現とその遺伝経路を抑制することがわかりました※1。つまり、これらの瞑想と深呼吸のエクササイズは、炎症を抑える効果があるということです。あなたのストレス対処と心の安らぎにとって素晴らしいニュースです!※2

 

参照:

※1  Buric et al. What Is the Molecular Signature of Mind–Body Interventions? A Systematic Review of Gene Expression Changes Induced by Meditation and Related Practices. Front Immunol. 8:670. 2017 https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fimmu.2017.00670/full
※2 “Yoga and Meditation Can Change Your Genes, Study Says”