img

毎日コーヒーを飲んでいる方は多いと思います。しかし、ある意味我々の生活に欠かせない存在となったコーヒー。実際体にどう影響するのか、気になる方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。ここではコーヒーとコレステロールの関係について調べていきたいと思います。

食事とコレステロールは密接な関連にあることは皆様もご存じかと思います。特に高コレステロールの場合、食事と密接な関係があります。

その中でコーヒーはかなりの研究が行われまして、コーヒーのコレステロール値の影響に関する研究データも数多くあります。肉や乳製品など動物性食品による血中コレステロールの影響は大きいですが、コーヒーは植物ベースであるため、血中コレステロール値にそこまで影響がないと思っている方は多いと思います。

ここからはコーヒーとコレステロールの真実を見てみましょう。

 

コレステロールとは?

コレステロールは、血流を介して運ばれる不溶性のワックス状の物質で、肝臓からコレステロールが生成され全身に運ばれます。実はコレステロールは体に不可欠な物質であり、それなしでは生活できません。コレステロールは体のあらゆる細胞の構造要素でビタミンDやテストステロンやエストロゲンなどのホルモン、食べた物を分解するための胃酸の生産にも作用されます。

もっと詳しく説明しますと、コレステロールは脂肪とリポタンパク質として知られているタンパク質の顆粒体で体中を移動します。これらには、高密度リポタンパク質(HDL善玉コレステロール)と低密度リポタンパク質(LDL悪玉コレステロール)の2つのタイプがあります。

LDLに結合するコレステロール(LDL-C)は悪玉コレステロールとして知られています。体には、肝臓からコレステロールを運ぶためのLDLを必要とします。ただし、血流中のLDLが過剰になると動脈にプラークと呼ばれるコレステロールが蓄積する可能性があります。

一方、HDLに結合するコレステロール(HDL-C)は善玉コレステロールとして知られています。血中の過剰なコレステロールを集めて肝臓に運び、分解して取り除きます。それは血流の保護メカニズムとして考えられます。

 

コーヒーとコレステロールの関係の真実?

肉、牛乳などの動物性食品に高コレステロールの原因とされています飽和脂肪が含まれております。植物性食品に飽和脂肪ほとんど含まれておりません。しかし、2001年に発表された研究によると植物食品であるコーヒーがコレステロールと関係があることが分かりました。

実際コーヒーにはコレステロールが含まれておりませんが、体がコーヒーを消化する時のメカニズムによる影響があるようです。American Journal of Epidemiologyに掲載された論文※1には、上記に関する内容を分析し、コーヒーによって血清コレステロール値の上昇につながることが分かりました。

コーヒーに含まれている油の一種のカフェストールやカーウェオールなどは、血流の総コレステロールと悪玉コレステロール(LDL)の両方の数値の増加に関連していました。特にカフェストールは「人間が摂取する物質の中で最も強力なコレステロールを高める化合物である」と述べています※2

 

 

様々なコーヒーの種類、コレステロールにどのように影響しますか?

結論から言いますと、トルココーヒー、スカンジナビアのドリップブリュー、フレンチプレスコーヒーや、さらに、カフェイン抜きのコーヒーもコレステロール値の上昇が確認されています。要はコーヒーの醸造技術の発展は、より高い濃度のコーヒーオイルを生み出したからです。

しかし、アメリカンスタイルポットやドリップバッグフィルター方式のコーヒーはフィルターを通過する影響により、コレステロール値に増加にほとんど影響されてない結果があります。

 

それでは、コーヒーを飲むべきでしょうか?

コレステロール値が気になる方や、コレステロール値が高い方は、コーヒーの飲み方について医師と相談することをお勧めします。ある研究では、1日5杯のフレンチプレスコーヒーを4週間摂取すると、血中コレステロールが6〜8%上昇するという結果が出ています※3

毎日運動をされている方や、バランスの良い食事をしている方は1日1杯のコーヒーレベルで心配するほどではないかもしれません。ただ、健康のためコレステロール値を改善しないといけない方は、フィルター処理されたコーヒーを検討した方が良いかもしれません。

 

 

参照
※1 Jee et al. Coffee Consumption and Serum Lipids: A Meta-Analysis of Randomized Controlled Clinical Trials American Journal of Epidemiology, Volume 153, Issue 4, 15 February 2001, Pages 353–362.

※2 Ricketts et al. The cholesterol-raising factor from coffee beans, cafestol, as an agonist ligand for the farnesoid and pregnane X receptors. Mol Endocrinol. 2007 Jul;21(7):1603-16.

※3 How Coffee Raises Cholesterol