img

善玉コレステロール(以下HDL)と悪玉コレステロール(以下LDL)の違いを理解することは、コレステロールを管理する上で非常に重要です。それらが何であるか、それらがどのように異なるかを見てみましょう。

一般的にコレステロールは健康に悪い影響を与えるというイメージがありますが、実際には、ホルモンやビタミンDの生産、細胞形成、食物消化などの多くの代謝プロセスに不可欠な、体内に存在する天然の物質です。

しかし、実際、コレステロールは心血管疾患や他の健康問題と密接に関連しているため、それが何であるか、それが健康にどのように影響するかを理解することは非常に重要です。

コレステロールは、他のタイプの脂肪やタンパク質とともに、リポタンパク質と呼ばれる「パッケージ」の状態で血流を通って移動します。コレステロールを体内で運ぶ主なリポタンパク質には、低密度リポタンパク質(LDL)と高密度リポタンパク質(HDL)の2種類があります。

これらの2つのリポタンパク質は、それぞれ「善玉」コレステロールと「悪玉」コレステロールとして知られています。これら2つをしっかりと区別しておくこと、つまり、LDLを最小限に抑えることが重要であることを意識することは、健康管理のために非常に重要です。では、HDLとLDLの違いを見てみましょう。

 

高密度リポタンパク質(HDL)– 善玉コレステロール

リポタンパク質の「密度」は、粒子内の脂肪(脂質)とタンパク質の分子量によって決まります。リポタンパク質の構造は水に溶けないコレステロールエステルとTG(中性脂肪、トリアシルグリセリン)をコアとし、外側が両親媒性のリン脂質やアポリポタンパク質によって覆われたミセル様の粒子です。

高密度リポタンパク質(HDL)は、名前の通り高密度のミセル様粒子で、一般に「善玉」コレステロールとして知られているものです。HDLはリポタンパク質の中で最も小さく密度が高いです。タンパク質に比べて脂肪含有量が比較的少なく、コアが主にコレステロールで構成されているためです。

HDLは過剰なコレステロールを収集し、分解および除去するために肝臓に輸送するという重要な機能を持ちます。運んでいるコレステロールにしっかりと結合しているので、LDLそれ自体が動脈壁に付着することはありません。

心臓血管疾患のリスクを下げるため、HDLの量を増やすことはとても重要です。

 

低密度リポタンパク質(LDL)– 悪玉コレステロール

低密度リポタンパク質(LDLと略される)は、一般に「悪玉」コレステロールとして知られているものです。そのミセル様粒子は高密度リポタンパク質の約2倍の大きさで脂肪とタンパク質の比率が高いため密度は低くなります。

「悪玉」コレステロールと呼ばれますが、LDLは血流中のコレステロールの主要な運搬体であり、ホルモン産生と細胞構造の再構築に不可欠であるため、重要な役割を持っています。ただし、LDLが多すぎると健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

血流中のLDLが過剰になると、動脈内にプラークと呼ばれるコレステロールやその他の物質が蓄積する可能性があります。プラークは、動脈を詰まらせて、アテローム性動脈硬化症と呼ばれる状態、つまり動脈の硬化と狭窄を引き起こす可能性がある厚くて硬い沈着物です。これにより、血液凝固が起こり血流が減少し心臓発作や脳卒中を引き起こす可能性があります。従って体内のLDL値の管理は非常に重要になります。

 

超低密度リポタンパク質(VLDL)

超低密度リポタンパク質(Very Low Density Lipoprotein; VLDL)は、LDLおよびHDLと並んで別の主要なリポタンパク質ですが、総血中コレステロールのほんの一部しか占めないため、あまり注目されていません。

VLDLは、心臓に血液を供給する動脈にコレステロールを沈着させ、この組織の細胞構造を維持するために必要です。ただし、LDLと同様に、VLDLが過剰になるとプラークが蓄積し、動脈壁が狭くなるため心臓発作を引き起こす可能性があります。

 

トリグリセリド

食べた後すぐにエネルギーに変換されない脂肪は体に保存されます。この本損された内容物がトリグリセリド(中性脂肪)です。食事の合間に、身体が爆発的なエネルギーを必要とするとき、脂肪を消費するためにホルモンを放出します。

トリグリセリドはリポタンパク質の脂肪分を構成するものであることから、体内のトリグリセリド値が高くなると、血管壁のプラークの蓄積を引き起こし、心血管疾患のリスクを高める可能性があります。

血中のトリグリセリド、LDL、HDL値の組み合わせが、総コレステロール値と呼ばれるものです。

 

血中の総コレステロールのあなたの数値は?

自分のコレステロール値が許容範囲なのか、注意が必要な数値なのか悩まされます。しかし、そのメカニズムさえ理解しておけばまえば心配無用。

血中総コレステロールは、HDL、LDL、および20%の総トリグリセリドで構成されています。オーストラリアの保健当局のBetter Health Channelによれば、総血中コレステロール値を5.5mmol / L以下にすることが推奨されております。これより高い場合は健康的ではないと判断されます。

コレステロールに関する2013年の健康調査では、オーストラリア統計局が各成分の異常レベルを次のように定義しています。

  • HDL – 一般的にこの数値が大きいほど良いとされます。男性で38.67 mg/dL未満、女性で50.27 mg /dL未満は異常と見なされます。
  • LDL – 一般的にこの数値が低いほど良いとされてます。135.34 mg /dL以上のLDLコレステロールは異常と見なされます。
  • VLDL – 65.74 mg /dLを超えたら異常と見なされます。
  • トリグリセリド – トリグリセリド値は177.15 mg /dL以下である必要があります。